« リキ物語 第6話 | トップページ | リキ物語 第8話 »

2008年9月 5日 (金)

リキ物語 第7話 

 リキと渓流
 初めて、渓流へ釣りに行ったのは8月も終わりの頃です。この時期は渇水で、アブがいて、とても釣りにならない時期だという事は今はよく知っていますから、めったに行きませんが、当時はまったく知りませんでした。なんとなく、渓流釣りという言葉に憧れて、一応、コブナもハヤもヤマメも、一同に書いた川釣りの本を読んで、一番安い竿を買って、2万5000分の1の地図を用意して、青柳君一家を誘って、奈良県の奥にある天川村へ向かいました。地図を見ると上流へ行けばいかにも釣れそうです。釣りの本には源流のイワナなどの写真が載っていましたから、実は前の晩から、遠足の前日の少年そのものでした。
 河合から、上流へ向かいます。今はかなり奥まで舗装されていますが、当時は、普通乗用車で本当に行けるのかなと思うような恐ろしい道でした。片側は断崖絶壁、一抱えもある岩がごろごろ、車一台がやっとの道幅です。
関西電力のダム湖を過ぎたあたりから、木々の間から、見た事がないきれいな水が流れる渓流が見えてきました。
 今は、必ず暗いうちから用意をし、糸に付けた目印がやっと見えるぐらいの薄明と同時に釣り始めますが、その時は何も知りません。道幅に余裕のある場所に車を止め、まずは食事と、たき火を始め、飯を炊きました。小学校の時から、青柳君とは土佐先生に連れられてよく飯ごう炊爨に行っていたのです。
 さて、飯も終わって、釣り始めました。全く釣れません。流れの速い瀬の岩に針を引っかけ、水面の上を覆う木の枝に仕掛けをとられ、その度に仕掛けを作るものですから、効率の悪い事この上なしです。三時間ぐらい奮闘して、あきらめた頃、青柳君が釣りました。10cmにも満たないかわいらしいアマゴです。天川ではアメノウオ、もしくはなまってアメノオと言います。アマゴは若いほど朱点が鮮やかできれいに見え、日本にこんなきれいな魚がいたのかと思いました。青柳君は、コイ釣り用の、太く長い重たい竿でこのかわいらしいアマゴをつり上げたのでした。
 天川は9月から禁漁です。その秋から翌年の解禁まで、渓流釣りの本を読みあさりました。本を読んだから釣りがうまくなるわけもないでしょうが、基本的な知識は得たつもりになりました。さて、翌年の3月15日、当然前日からテントを張っています。ソニーファミリークラブの通信販売で手に入れた、3畳間が3室もあるでかいテントです。なれるに従い、荷物は小さくなりますが、当時は、コールマンの炊事コンロ、コールマンランタン2個、ベット3人分、なべ、豚汁の材料と、まさにアフリカ探検隊そのものでした。今では、渓流でもスキーツアーでも、テントもシュラフも、コンロも、食器も、最も軽量の物を最低限のみ携行するようになりました。
 午前3時にわくわくして目が覚めました。寒くてブランデーとコーヒーを飲み、真っ暗な中、岩場をはい登り、小さい滝壺に陣を構えました。まだ目印がよく見えません。どうなっているのかなと竿をあげようとした矢先、いきなり竿が引き込まれました。ドキドキ、ワクワク、バタバタです。25cmの、当時の私にとっては大イワナでした。この時以来、渓流釣りの虜になりました。
 実はこの時、リキはまだまだいません。タイガーがわが家の住人になるのも、この後5-6年後の事です。
 いちリキが、やっと一歳になった頃、天川に連れて行きました。今から考えますと、いちリキにはずいぶん激しい態度でトレーニングをしたと思います。言う事を聞かないと、容赦なくムチを飛ばしました。初めての山でリキも心細かったのでしょう。テントの中に潜り込もうとしました。そしてアルミのコッヘルで横つらを張り飛ばされました。子供の時に読んだ、荒野の呼び声、という犬の冒険物語に、これと同じシーンが出てきます。少年少女文学全集で読んだのを覚えています。作者は覚えていなかったのですが、便利なインターネットで検索すると、作者はジャック、ロンドン(1876-1916)、犬はセントバーナードで名前はバックです。南国の大きなお屋敷で、花園に集まるクマバチを眺めながら不自由なく暮らしていたバックが、数奇な運命により、サーカス小屋でいじめられたり、アラスカで犬ぞり隊に入ったり、苦労の末、最後はオオカミの群れを統率するリーダーになる物語です。バックがそり犬になった最初の晩、寒くてテントに潜り込もうとして、フライパンで叩きのめされるシーンがありました。でも、バックは、犬ぞり隊のマーシャルをとっても尊敬するようになり、自らリーダー犬になっていきます。アルミのコッヘルを使ったとき、この物語を思い出していました。しかる時はしかる。甘やかす時は甘やかす。ほめる時はほめる。公正にさえすれば、犬の尊敬は得る事ができます。と言いながらも、私の犬の訓練方法はどんどん甘くなっているようです。面白い事に、厳しくても、甘くとも、訓練の出来上がりはあまり変わりはありません。でも、いまリキは、山で寝る時は、テントの中の一番寝心地の良いところで両手両足を思いっきり伸ばして寝ています。
 さて、夜の間、しばらくはうろうろしていたいちリキは、最後にはテントの側の、私の体温を感じるところを寝場所と決めたようでした。いちリキと渓流釣りの朝がやってきました。初めてのイワナからはかなり時が立っていますから、釣り人としてもベテランの部類に入ってきています。人があまり釣れていない時でも、たいてい、1ダースは釣れていました。それと同時に、どんどん、奥へ、源流へ入っていくようになっていました。
 実は、奥へ入れば入るほど釣れると言うわけではありません。水が少なくなるにつれ、魚の数は減ってきます。餌が少ない分、魚も痩せてきます。でも当時は、この滝の向こうはどうなっているのだろうと、どんどん奥に入っていきました。
 山の中で、犬と人間と、通れる場所が異なります。人間は垂直の壁でも手が届けばなんとか登れます。シェパードも2mぐらいはジャンプができますが、助走が必要です。犬は垂直のはしごを登る事もおりる事もできません。公園の滑り台のはしごの角度が、登るのも降りるのも限界のようです。したがって、渓流の源流部に行くのに、私のルートとリキのルートは異なります。リキは私の姿と臭いを追いながら必死になってついて来ました。リキが戸惑っていると、「リキ!シェパードやろ、行け、ジャンプ」と声がかかりました。私の方は、太ももまでのゴム長を履いています。私が歩いて渡河できるところでも、リキは泳がねばなりません。3月の川の冷たさに、さすがのリキも戸惑っていました。ここも、私が先に渡って、「リキ、シェパード、来い」。さすがに来ません。水際でおすわりをしてしまいました。仕方がないので、戻って、リードを付けて、「Go、Go、Go」やっと付いて来てくれました。向こう岸に渡ったときリキがとっても得意そうな顔をしました。
 これ以後、リキはどんなところでもついてきます。いちリキは、水の中に投げた石を、顔を水につけて見つけてくるほどになりました。にリキは水泳が嫌いです。ヨットハーバーで3回ほど桟橋から落ちたのと、泳ぎたがらない、にリキを、私が焦って、海にほり込んだのが原因です。にリキを渓流につれて行きました。揖保川の上流で、岐阜県、滋賀県、福井県の県境です。イヌワシの生息地域としても有名で、ダム建設の反対運動が起こっています。その時は雪が消えた直後で、今年になってからは誰も入っていないようなところです。熊でも出て来たらどうしようと思いました。「シェパードがいるから良いよね」と言った矢先、リキがウーと低く唸りました。何かの臭いを嗅ぎ付けたようです。気持ち悪くなって、「リキ帰ろうか」と言ったとたん、にリキは来た道を100mほど走って先に戻ってしまいました。彼が得意とするのは千里中央の雑踏の中です。完全シティーボーイでした。私の行きつけの飲み屋について来て、止まり木に座り、女の子を相手に冗談をとばし、1500円のカバーチャージをとられたのも、にリキでした。
 いまリキは、あまり激しい訓練はされていません。いつも一緒に遊んでいる気分です。こっちが水に入ってわいわいやっていると勝手に側にきて泳いでいました。今では、ほっておくと、同じところをグルグル回っていつまでも泳いでいます。ですから、いまリキを釣りに連れて行くと、釣りになりません。岩陰から静かに竿を出して、釣りを始めると、カワウソのようにしっぽをのばした、シェパードが竿の下をくぐって行きました。
 
 
 
 


« リキ物語 第6話 | トップページ | リキ物語 第8話 »

リキ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502600/42387437

この記事へのトラックバック一覧です: リキ物語 第7話 :

« リキ物語 第6話 | トップページ | リキ物語 第8話 »