« なぜ計るの赤ちゃんの大きさ | トップページ | おしっこの中で暮らす胎児君 »

2008年3月28日 (金)

おなかの中の赤ちゃんの心臓病

 賢い日本のママたちの豆知識

 生まれてすぐに治療が必要な心臓病は見つけてあげたいものです。まず赤ちゃんの左と右の認識が大事。心臓が左に傾き、胃が左にあるのが正常。反対の場合は心臓病のことがあります。次に心臓の大きさと左右のバランス。心不全があると心臓は大きくなります。Tof
左右の大きさはほぼ同じ、片方が大きかったり、小さい場合は心臓病を疑います。そして大動脈と肺動脈、両方あわせて大血管といいますが、大血管は当初交叉し、後に平行に走行します。ここまで見れば、生まれてすぐに治療の必要な心臓病はほとんど判ります。
写真はファローと呼ばれる心臓病、胎内で見つける事で、出生後十分な管理と治療を受ける事ができます。

« なぜ計るの赤ちゃんの大きさ | トップページ | おしっこの中で暮らす胎児君 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502600/40663890

この記事へのトラックバック一覧です: おなかの中の赤ちゃんの心臓病:

« なぜ計るの赤ちゃんの大きさ | トップページ | おしっこの中で暮らす胎児君 »